2022年04月05日

蒼傘屋にようこそ。

●::●:●::●
aokasaya1.jpg
●::●:●::●
いらっしゃいませ、こんにちは。
こちらは、創作小説サイトでございます。
初めてご来店のお客様も、再びのご来店の方もごゆるりとご覧ください。
●::●:●::●
更新履歴:2017>10>5
企画「空に羽根を伸ばし」


案内板
長編連作読切企画題目製本


↓こんな活動もしています(停滞中)↓
club A&C

ラベル:案内
posted by 藤原湾 at 00:00| 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

「酒は憂いの玉箒」

 酒は全てを忘れさせてくれるという。
 よく失敗して呆れられていたのは確かだ。記憶を失くして側溝にはまって寝ていたのも一度や二度ではない。そのたびに彼女は「仕方がないね」と微笑んで迎えに来てくれたものだった。
 今目の前に、彼女は眠っている。眠ったように、横たわっている。
 もう目覚めることはない。
 このことを、酒は忘れさせてくれるのだろうか。
 酒を呑んで眠ってしまっても、もう誰も迎えに来てくれない。それでも浴びるように酒を呑めば、と思わずにはいられない。
 手にした猪口から呷るように酒を飲んだ。

 翌朝ベッドで目覚めた時、胸に痛みを覚えた。ベッドの隣は冷たい。あぁこれから苦痛の日々が始まるのだと、嫌というほど悟った。

Copyright(C)2017 Wan Fujiwara.All right reserved.(無断転載・転用禁止)
ラベル:Tw300字ss
posted by 藤原湾 at 21:49| Comment(0) | 文庫◎企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ごはん小説アンソロジー「今日のごはんは?」

gohan.jpg
いちか様主催のごはん小説アンソロジー「今日のごはんは?」に参加します。
初頒布は2017年11月23日(木/祝)開催の第二十五回文学フリマ東京だそうです。
私のテーマごはんは「親子丼」。親子丼というくくりの中で、ある日本人女性とフランス人男性の交流を描いています。初めて完全三人称に挑戦した作品です。よろしくお願いします。

 その金髪碧眼の男は顔を白くして今にも倒れそうだった。黒髪の女性は彼に駆け寄り介抱する。彼が倒れそうになっていたのは、彼女の父親の店『ありとよ鮨』。驚きと美味を堪能する親子丼を貪った男――シモンは女性――有豊那岐が父親とのことを悩んでいるのを知るのだ。


作中キャラクターの名前の由来はこちらから
posted by 藤原湾 at 23:33| Comment(0) | 文庫◎製本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空に羽根を伸ばし

禁止された空にあこがれて、唯一空に通じる道である郵便の『配達人』を目指す僕。
その道のりには大きな妨げが横たわっていて――。
空にあこがれる少年を描くファンタジー作品。


――――


物語を読む
posted by 藤原湾 at 23:07| Comment(0) | 文庫◎企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

#Twitter300字ss 参加作品一覧

#Twitter300字ssとは、月に一度最終土曜日に発表されるお題で、一週間かけて300字の小説を書き、公開して交流や宣伝に役立てようという企画(twitter@Tw300ssプロフィール欄より)です。
概要過去のお題と参加作品集一覧
(上記まとめは企画者様のものです)

−−−
参加自作品一覧
ラベル:Tw300字ss
posted by 藤原湾 at 23:55| Comment(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする