2011年10月10日

覆面作家企画5:後書きテンプレ

 覆面作家企画に参加されたみなさま、本当にお疲れさまでした。私は、2ブロックしか推理できず(後半オフラインが忙しくなってしまったもので)悔しい思いをしましたが、それでも楽しい日々を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
 まだ私の方は感想を順次書きたいと思ってます。とりあえずは、後書きテンプレートをお借りして、覆面をかぶったものとしての終わりを締めたいと思います。

 まだ推理されている方がいらっしゃるかもしれませんので、続きにしまっておきます。

■作者名
藤原湾です。
■サイト名&アドレス
青傘屋(http://blueumbrella.karakasa.com/)
■参加ブロック、作品番号、作品タイトル、作品アドレス
魔と噂された中では簡単だったFブロックのF11「『四本の筆』」でした。アドレスは自サイトにUPしていないので、割愛します。
■ジャンル
ファンタジーに分類されますでしょうか。
■あらすじ
ある画廊で男が出会ったのは、一枚の美しい絵だった。美術商はこの絵に秘められた二人の少女の物語を語り出す。それは巨匠の娘が貧しくも才能ある娘の絵を目撃したことから始まった、数奇の運命であった。

こんな感じでしょうか? あらすじ、苦手です。ジャンル決めるのも。
■意気込みテンプレを使用された方は、URLを教えてください。
http://blueumbrella.jugem.jp/?eid=90 です。
■推理をかわすための作戦は?
Word先生に添削してもらい、赤線を全部修正しました。(ら抜き表現やい抜き表現ですね)あと多少の句点抜きと句点場所の移動です。(「、と言った」→「と、言った」に変更したのですが、あまり意味がなかったです)
時間的に内容でフェイクをかけられていなかったのが、残念です。もっと分かりにくい話にすれば良かった・・・。
■作品のネタを思いついたきっかけは?
前回(と言っても第3回)のお題が「空」で、ネタかぶりしないように、舞台を海にしたのですが、しっかりネタがかぶったのです。海が舞台と言う部分が、ですね。なので、今回は真っ向勝負で一番多いだろう「絵」を題材にしようと決めて、いろいろ調べていたところ、色の三原色が面白そうだなと思いました。
■ストーリーの構築において気を使った点、苦労した点などあれば教えて下さい。
最後まで名前を出さないこと。彼女やわたしだけで表現したのは、最後に名前をどんと出して、時間の流れを別物にしたかったからなのですが、そのせいで混乱された方がちらほら・・・。すみませんでした。
■削ったエピソードなどありましたか? 作成裏話歓迎です。
あります。まずフレスが模写した壁画の表現。この表現を入れる前の文字数が7000字オーバーでしたので、規定内に納めるのに苦労しました。あとは、フレスが先生に馬鹿にされているところ。あなたは絵具をたくさん使えず、小手先のそんなせせこましい業で絵を書くなんて、先人たちの冒涜だと思わないの、と混色を馬鹿にされていたのです。それで、鬱々としていたところにクロイスが現れたはずだったのに・・・。
あともうひとつ。フレスが成した大切なことを入れられなかったのは痛恨です。これは詳しくは改めて小説にしたいなぁと思います。
■その作品の続編または長編化のご予定は?
続編と言うより、シリーズとして色々書きたいです。実は世界観的にはあるお話と繋がっているので、そのつなぎの話もぜひ。
■その作品で気に入っている箇所はどこですか?
「欲しかったから」「迎えにきてくれる?」の二人の台詞です。キーを叩きながら、よく言った! と呟いてました。(気分で思いついた順に書いていくので、本当に適当な物書きです、私)

■推理期間中、褒められた点は?
また後ほど見直して、書かさせていただきますが、上の質問での台詞やあとは名前を最後まで明かさなかったこと、入れ子式にしたところでしょうか。
■推理されてみて、いかがでしたか?
簡単な小説を出している割に、当てられると悔しいですね。今度こそ、フェイクをかけたって言わないで、フェイクをかけたいと思います。すでにこんなフェイクをかけようとか思ってますよ。たぶん、次回開催時には忘れてるだろうけど。
■正解以外に、あなたの名前があがった作品はありましたか?
あとで精査しますが、F05が多かった印象を受けてます。
精査してきました>F02、F04、F05×4。いろはつき多いですね〜。
■あなたの作品の作者だと推理された方はいましたか?
また、たかしょうさんと悩まされている方を多くみた様な気がします。前回もたかしょうさんと似てるって言われたことがあります。よほどなんですね。
精査してきました>ayu-iさん、tomoyaさん、遍さん、たかしょうさん×3でした。正解者は8名。おめでとうございます!

■推理してみて、いかがでしたか?
難しかったです。これほど難しいとやりがいがあってすごく楽しかったです。
■あなたの推理はどのくらいの正解率でしたか?
まだみてません。そのうちみます。(チキン)

■この企画に参加して、改めて気づいたことはありますか?
私事ですが、小説を書くというところから長い間離れていて、でもどうしてもこの企画に参加したいという気持ちから放置していたサイトに戻ってきたのですが、自分が自分で自覚していた以上に小説を書く、感想をもらうというこの行為が大好きであることを自覚しました。これからものんびり、小説を書くことを続けていければと思っています。

■参加作品の中で印象深い作品をあげてください。
■参加作品の中で印象深いタイトルの作品をあげてください。
■参加作品の中でおもしろかった3作品&一言感想、お願いします。
この三つは、後ほどお答えするつもりです。


本当にありがとうございました。次回もあったら、是非よろしくお願いします。

posted by 藤原湾 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳・私書箱返信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは! 覆面作家企画5では同じグループに配属してました、tomoyaです。拙作にも感想をつけて頂き、ありがとうございました。キラキラしい感じ、とのこと、身に余ります。
Fブロックは魔窟との噂でしたが、実は鉄板役となり探偵諸氏を癒していた方も多く、故に、流崎さんが鉄板扱いで魔物化したのかもしれません。同ブロックから二人の完全犯罪を作り上げたのは、おそらく、このチームワークだったのではないかと!笑
ご一緒できて楽しかったです。また、どこかで会うことがありましたら!
Posted by tomoya at 2011年10月23日 11:51
こんにちは!半年も経ってからコメントに気づきました……。本当に申し訳ないです。すみませんでした。
 こちらこそご一緒できてすごく楽しかったです。確かに、チームワークですね!
 またお会いすることがありましたら、本当によろしくお願いします。
Posted by 藤原湾(管理人) at 2012年07月30日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック